ラーメン

ラーメン二郎荻窪店の2種類の豚肉に恋をして

  1. HOME >
  2. ニュース >
  3. ラーメン >

ラーメン二郎荻窪店の2種類の豚肉に恋をして




どうも。アル中ジロリアンっす。今回はラーメン二郎荻窪店のお話❤︎

オギジロはなかなかパンチ効いてますよッ   と。

早速ですが全体像とその量

今回の注文は小ラーメン+生卵。呪文はニンニクスクナメアブラ。

全体量は麺が茹で前250gほどでヤサイはデフォで200gってところっすかね。豚はでっかいのが2枚。

アブラと豚の存在感が半端ねぇッス。ヤサイマシにしてたらなかなかなインパクトッス。

では詳細へ。

スープのとの出会い

丼 → いただきます → スープどれどれ??ですよね。

なかなかパンチの強いスープっす兄貴!乳化と言い、とろみと言い、しょっぱさといい、二郎の中でも上位のパンチ力。上位の味の濃いさじゃないですかね。カエシの効いたイカツいうまさっす。

ヤサイとアブラで胃を煽る

ちょいクタ野菜はパンチのきいたスープによく合うっす。上にアブラの塊を乗っけてスープを上から注いで共に食らう。スタートはこんな感じで胃を興奮させて行きましょう。私は先に食らう派ですが、天地返しでスープに浸して後で食らうのもよし。

2種類の絶品デカ豚に恋をする。

まずはウデらしき豚。

ほんのり味の染み込んだ豚ウデさん。それなりのデカさなので噛み応えがあるかと思いきやこれまたホロホロ。恋の予感


そしてその奥には見るからにフワフワの豚バラさん。

口に入れる前からわかるジューシーロマン。あからさまの柔らかさを見せつけられた時点で一目惚れ。もう豚肉への恋が激しくてパニック寸前。

豚バラさんは一口で薄味の優しさが周りのパンチの強さを一気に包み込んでくれます。絶品っすね。小豚にすればよかった。

いよいよイケ麺王子様の登場

イカツいスープをすくい上げてくれるチョイゴワ中太麺王子。標準で硬めなので、時間が経つと味がしっかり染み込んでこれまた恋の予感。性別を超えた恋で忙しい。

ただ、以前はもっと麺量が多かった気がするのです。今回の体感は250gってところですが、数年前は300gはあったようなイメージっす。現在は麺量だけですき家の大盛りぐらいでしょうか。750円のサービス満点のラーメンに文句は言えないっすね!

いずれにしてもスープとの相性抜群。

そして、

生卵を追加した人のみぞ知る二郎まろやかワールド。んー・・ラブリー❤︎


ってことでらーめん紹介は終わり!

メニュー

・小ラーメン750円

・小ラーメン豚入り900円

・大ラーメン800円

・大ラーメン豚入り950円

・生卵50円

以前は小らーめんが700円だったのですが、現在は小ラーメンのみ値上がりして大ラーメンとの差は50円しかさがありません。攻めるべきです。

着丼までの流れ〜

チケット先買いで並ばないと店員さんに強く煽られますよー。

並んでる際に食券の確認があったら「少なめ」等サイズを伝えましょう。

ラーメン完成時にお決まりの「ニンニク入れますかー」と聞かれるのでお好きなトッピング(ニンニク、ヤサイ、アブラ)を伝えましょうー

店舗情報❤︎

【住所】

東京都杉並区荻窪4-33-1 荻窪白馬ビル

JR中央線・東京メトロ丸ノ内線「荻窪」駅下車。荻窪駅南口から約600m(徒歩5分程度)

駐車場はありません。

最後に一言




ぜひ行ってみてください!!


ブリブロニュース

Copyright© ブリブロnews , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.