ラーメン

〜かねかつ〜川口の行列ラーメンのお話。2020.9.24

  1. HOME >
  2. ニュース >
  3. ラーメン >

〜かねかつ〜川口の行列ラーメンのお話。2020.9.24

川口駅西口から10分ちょっとのところある、ひっそっそりとした店構えに行列を作る【〜かねかつ〜】。



ジロリアンの僕でも流石にスルーできなく訪問。


あ、最近川口駅前に二郎系がオープンしましたね❤︎




上品×芸術×和

小窓から店主が『何にされます?』

ラーメン(1000円)を注文し、15分ほど待つ。

完全入れ替え制なのか、

中の4名が出てきてからお店に誘導されました。

上品


少しお高い和食店に入ったような感覚。席数はカウンター5席のみ。

すでにコップとお手拭きとお箸が並べられていました。

いつもドカ盛り系しか行かない僕にとっては緊張しますね。



芸術

美しい色合いとシンプルな組み合わせに『品』を感じます。

スープの味は和が強調されており、鴨南蛮蕎麦が思い浮かぶような和風出汁の効いたスープ。醤油の鮮やかさもしっかり感じ取れて新感覚でした。

とても上品で全て飲み尽くしてしまいたくなる。飲み干しましたが。


続いて麺。

ツルツルのモチモチ太麺はかなりのこだわりを感じました。しっかりスープをすくい上げてくれるので物足りなさを感じさせない。ファンの方からは「世界一の麺」と言わせる程のものみたいです。

チラッと聞いた話ですが、注文してから麺を作るらしいです。魂ですね。魂。



つづいて肉。


どこまでこだわっているのでしょうか。スキが見当たらないです。チャーシューなんて概念は通用しません。ホロホロ鳥むね肉、ホロホロ鳥もも肉、イベリコ豚の肩ロース。一つ一つ丁寧に火が通されており、それぞれの個性が楽しめます。一瞬、何を食べにきたのか忘れてしまいましたね。特に肩ロースはジューシーで、スープが染みてもはや和風ステーキでした。



魂の塊でした。

まとめ


どうしてもジロリアンの私にとっては満腹を求めてしまうので物足りなさはありますが、久々にここまで上品な芸術的ラーメンを食べると本来あるべきラーメンの姿を考えさせられましたね。

満腹、満足も重要ですが『印象と感動』も大切ですね。ラーメンはエンターテインメント。

〜かねかつ〜さんのラーメンは一口目のスープで分かる「何処にも似てない唯一の」ラーメンだと思います。

他にも魅力的なメニューもあったので違うこだわりも感じて見たいですね。


ありがとうございました。

店舗情報

最新情報は下部のTwitterからご確認くださいませ

営業時間

10時〜15時 (食材なくなり次第終了)

金曜定休


場所

〒332-0023 埼玉県川口市飯塚2丁目14−23

Twitter


ブリブロニュース

Copyright© ブリブロnews , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.