ラーメン

令和3年1月。らーめん富士丸東浦和店訪問記録。最新情報

  1. HOME >
  2. ニュース >
  3. ラーメン >

令和3年1月。らーめん富士丸東浦和店訪問記録。最新情報

営業時間等は目次より『ツイッター』へお進みください。

1月にオープンしたばかりのラーメン富士丸東浦和店。

ブランド力最強の二郎系、訪問し、感動させていただきました。

それでは行きマシょう。


↓↓近辺のラーメンもお読みください~♪



入店〜着丼までの流れ

まず到着したら並ぶ前にチケットを購入。そこらの二郎や二郎系よりやや料金は高いが、お店を出る頃には誰もが『安い』と思っているだろう。

ここで注意すべきはヤサイ・アブラマシマシ(山盛り)レベルにしたいなら追加で購入する必要があります。

これはどこの富士丸も同じスタイル。ヤサイの購入は経験者のみの購入をお勧めします。

ブタカスアブラ(40円)を購入すると別皿で激ウマアブラが出てくるので必ず買いましょう。

そして私が購入したのがこちら。

購入した後は列へ並びます。ちなみにこの日は水曜日の15時。すでにオープンしており、中の待ち客も含めて30人ほど。

平日でもこんなに多いいんだ...

みんな仕事はしてるのか...? 私もその一人か。

ティックトックを見ながら待つこと約40分。

『外にお並びの方〜 中へどうぞ〜』

店員さんの指示に従って中に入り待ち席で座って待つ。10分ほどで

『こちらの席へどうぞー』

ここまで来れば約10分後には着丼。
おしぼりと水を準備して席で待ちマシょう。

※富士丸はおしぼり2枚使うと即出禁になりますので要注意。どんぶりの下に敷くのもアウト。

※食べ終わったらおしぼりはカウンターではなく、使用済みのかごへ。


着席し、チケットの渡すと同時に麺の量を聞かれるので【そのまま・少なめ・半分】を伝えます。
麺を減らすと【生玉子・野菜マシ・ブタカスアブラ】のいずれかひとつの有料メニューがサービスで注文できます。


待つこと10分弱。

「トッピングどうぞー」

・ニンニク
・チョイヤサイ
・チョイアブラ


お好きなものを伝えましょう。


着丼

いやヤバいでしょー。

今回の呪文はチョイヤサイ・チョイアブラ。

目で見て幸せですね♡

豚を感じさせる、しっかり煮込まれた甘みの強いトロトロのスープ。
富士丸の中でも特に甘く、やさしい味かもしれません。
これは中毒者続出しそうです。

一生好きです。

ヤサイ・アブラ

ヤサイは富士丸クオリティーの水分たっぷりクタクタヤサイ。味の染みたトロトロアブラとトロトロスープをドレッシング代わりに激アツ野菜を喰らいます。

デカ豚

今まで食べてきた富士丸の中では一番分厚い!指2本分くらいの厚みで、それだけでおなか一杯になるかと思いマシた。
味はしっかりしみ込んでおりしょっぱめ。野菜と共に食べると程よいバランスになりますね。



 

ッ麺!!!!!!

どうやら変わったばかりの麺。初訪問なので違いが分からずですが、安定の富士丸感を全身で感じ取れましたね。

小麦を香らせるワシワシゴワゴワチョイ硬め麺。ヤサイを食べてる間にしっかりスープを染み込んでくれていて、麺だけで『富士丸』を語り尽くせそうな魂の麺。

ただただやばいですね。

富士丸の麺量は茹で前350gと聞いた気がします。

普通に多いです。麺だけで牛丼大盛り2杯くらいありそうな量です。

初めての人は『麺少なめ』がおすすめかもしれません。

アブラつけ麺

追加でブタカスアブラも購入したので、用途は違いますがかなりおいしい【勝手にアブラそば】が完成です。しょっぱうまい。

卵つけ麺

まるですき焼き。私は豚も卵に浸します。

麺量が多いので、疲れてきた時の味変としても必須アイテムです。

そう。

必須アイテムです。


ぜひ楽しんで下さい。

店舗情報

営業時間は変更があるためツイッターでご覧いただくことをお勧めします。

違う富士丸もご覧くださいね♪






ツイッター

営業時間

火曜定休
・18〜24時

場所

【川口市柳崎5丁目1-58】

ブリブロニュース

Copyright© ブリブロnews , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.